読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームと映画 その2

映画とゲームの事がメインです。ぼやきもたまに。

トン、トン

どうも花野です。野球はCS真っ只中ですが如何お過ごしですか。

とりあえずホークス。おめでとうごぜぇます。

 

わたくしは胃が痛い毎日を過ごしております。明日は浜が勝ってマツダスタジアムに行ってくれますように!

 

f:id:hananodesu:20161009190312j:plain

ノック、ノック(原題:KNOCK, KNOCK)

 

f:id:hananodesu:20161009190441j:plain

彼を観るのはお久しぶり。キアヌ・リーブス主演。年取っても顔面はいつも通りに良い男でした。

 

あらすじ>ある雨の夜、道に迷った2人の女を家に入れた事で、それまで順風だった男の人生が狂う地獄絵図の2日間を撮った、100分弱の尺の映画。

 

監督は私が大好きなイーライ・ロス

彼が自ら監督する作品は久しぶりで、期待・大で観たらやっぱり良かった。

 

イーライ監督の良さは、いつもこっちの想像する限界を超えてくる辺り。

「おいおい、ちょっとアンタやり過ぎじゃね?」って思う、更に上を描いてきて、しかもそれをちゃんと画に収めてるのが(良い意味で)辛くて最高。

 

こんな滅茶苦茶な映画、他の奴が撮ったら絶対に面白くならない。

特に良かったと思うのは、熱い情事が終わった2日目の朝、キッチンのあの惨状たるや、こっちを「あー……、エヴァン(キアヌ・リーブス)、やっちまったな。」と、画で絶望感を思わせてきて、やたらと狂った感じが出ててるのがいい。

 

基本ずっと会話重視の映画なので、タランティーノが監督で撮ればまた別の面白そうな映画にはなるとは思うけれど、画を魅せる辺りはイーライでいいんじゃないかな。と、個人的に思います。

 

内容の話に触れると、単純に狂った2人の女がひたすら1人の男を虐めまくるというだけの話。

それをただ、ただ酷い有様で描いているだけなので、好き嫌いが分かれるし、気になるなら独りで観るのをお勧め。間違ってもお茶の間で家族と一緒に見るなどは止めたほうがいい気がする。

 

私はこの映画をホラー・カテゴリに区分したけれど、見ようによってはヒューマン・ドラマでもいいかと思います。(どっちにせよ酷い映画なんで、たまたまこれを一緒に観た相手はやたら疲弊してました……)

 

次のイーライの監督作品は、ショートムービー?ドラマ?で、『Chainsaw』とかいうのを撮ったらしいけど、いつ、どういう形で観れることやら。