読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームと映画 その2

映画とゲームの事がメインです。ぼやきもたまに。

きっかけはブラインドデート

f:id:hananodesu:20161115162246j:plain

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(原題:MAN UP)

 

f:id:hananodesu:20161115162300j:plain

恋愛コメディ映画。かなり良作。


あらすじ>
34歳のジャーナリストのナンシーは、4年間男性関係は日照り続き。趣味は独りで映画鑑賞。
両親の結婚40周年パーティのために実家へ帰省するため電車に乗り、相席になった若い女性・ジェシカから「60億分の1」というタイトルの自己啓発本を渡される。
ナンシーは小馬鹿にして、「こんな本を読んだって、幸せになどならない。」そう会話をした後、電車内で寝こけてしまう。
終着駅で目覚めた彼女は、本を返そうとジェシカの後を追うが、駅構内の時計台の下でジヤックという40歳のバツイチに声をかけられた。
ジャックはナンシーに、「やぁ、ジェシカ。初めまして。」と名乗った瞬間、ナンシーは、この本を目印にジャックとジェシカはブラインドデートをする約束なのだと悟るが、折角の出会いをふいにしたくないナンシーは、自分のことをジェシカだと偽ってジャックとデートをすることにした…。


映画のテンポとリズムが観ていて気持ち良い。会話がやたらと面白くて、リアル感がある。

DVDパケ裏のあらすじ説明箇所に、「ナンシーは下ネタ好きの女性で、こじらせ女子」だとか何とか(多分、そんなような内容)書かれているが、全くそんな事はなくて、独自の理論を展開する頭の良い女性だと私は思った。
ナンシーは自ら恋愛を遠ざけているわけでもないし、「こじらせ女子」って書かれてもなぁ…。

ジャックとナンシーがボウリングをするシーンは、最高に楽しそうな2人が撮れてて、この画を何度も観たさにDVDを買うような気がする。